True Japan Tour株式会社(訪問記)

2019/4/4のTrue Japan Tour株式会社(以下、TJT)様の訪問記です。

前回のBEAUTY OF JAPAN同様に、ガイドマッチングサービスの資料をまとめるための、質問をお送りしたことがきっかけでお伺いすることになりました。

TJTは、現在、会員数1,500名超の日本最大の通訳案内士団体、NPO日本文化体験交流塾とのことです。

ここで改めて、通訳案内士ついての概略を、観光庁のサイトから引用します。


通訳ガイド制度

「通訳ガイド制度について、改正通訳案内士法が平成30年1月4日に施行されました。
通訳案内士の名称が「全国通訳案内士」となるほか、通訳案内士の業務独占規制が廃止され、資格を有さない方であっても、有償で通訳案内業務を行えるようになるなど、通訳案内士制度が大きく変わりました。」

【全国通訳案内士とは】
全国通訳案内士は、通訳案内士法において「報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることをいう。)を業とする。」とされています。全国通訳案内士は国家試験に合格した方であって、高度な外国語能力や日本全国の歴史・地理・文化等の観光に関する質の高い知識を有する者であり、「全国通訳案内士」として都道府県の登録を受けた方々になります。」

【地域通訳案内士とは】
地域通訳案内士は、特定の地域内において、「報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることをいう。)を業とする。」とされています。
地域通訳案内士は、特定の地域において、その固有の歴史・地理・文化等の現地情報に精通した者であり、各自治体が行う研修受講を通じて「地域通訳案内士」として登録を受けた方々になります。


このような状況の中、TJTはその強みを生かして差別化に成功しているようです。

日本最大の通訳案内士団体IJCEEグループのTJTは、ガイドの層が厚く、また研修や検定などで質を保証したガイドを手配し続けてきたことで、国内外のエージェントやお客様からも大きな信頼を獲得。2019年、2020年に向けて大手エージェントからガイド派遣の依頼が大量に来ているそうです。


(当サイトに掲載している比較ポイント「登録事業者」「当日ガイド実施」「体験ツアーの公開までの時間」 「体験ツアーの他社並列掲載の可否」「利用料(手数料)」「支払いサイト」「入力支援サービス等」 「その他※特徴等」はケースバイケースのため載せておりません。)

関連記事

コメントは利用できません。