こういう時こそ、オンライン講座で次の準備を!

新型コロナウイルスの影響で、リモートワーク (テレワーク在宅勤務) が増えています。

2020年2月24日、専門家会議副座長の尾身茂・元世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局長は「症状がない人も立食パーティーや飲み会など手を伸ばせば届く距離の会合にはなるべく行かないでほしい。心配だからと病院に行くことも避けて」と話しました。

実際にガイドマッチングサービス会社の体験ツアーも、インバウンド向け、日本人向け問わず、ゲストのキャンセルが相次いでいます。

そのような中、2020年2月24日(月)にTABICA運営事務局より一斉メールが流れました。

TABICAではオンラインでの体験開催は禁止していますが、申請して承認が降りた場合のみ、オンライン開催がOKとなりました。
このような流れを受けて、弊社では、TABICAのワークショップをすべて、オンラインに切り替えました。このような時こそ、次に備えた準備をしましょう。

【オンライン体験一覧】
・在宅勤務ランチタイム情報交換会:Zoomに慣れよう!
https://tabica.jp/travels/19783

・英語好き集まれ!ゆるーく「ネット飲み会」しませんか?
https://tabica.jp/travels/10833

・鉄道&プチ鉄道ファン、ママ&パパ鉄と宅飲み会:第一回
https://tabica.jp/travels/9636

・鉄道関連ツアーを作って販売しよう★旅行会社の気分で!
https://tabica.jp/travels/8122

・起業の必敗法則と創業社長の心得★シェアエコで試そう!
https://tabica.jp/travels/8536


【Zoomオンライン講座に参加する方法】

Zoomでオンライン講座に参加するだけなら、アカウント取得は必須ではありません。
基本的に、主催者からお送りする招待URLをクリックするだけで、スマホ、タブレット、パソコンからアクセスできます。パソコンで参加するには、マイク・カメラ・スピーカーが必要です。最近のノートパソコン等は、WEBカメラ(マイク付き)だと思いますが、ついていない方は、別途購入が必要です。

招待URLは、「 https://zoom.us/j/1234567890 」などの最後が9桁や10桁の番号です。

この「 1234567890 」 の部分をミーティングIDといいます。(重要な言葉です。)
※本講座にお申し込みの方は、遅くとも3日前までには、専用のURLをお送りします。

Zoomを初めてのご利用される方は、この招待URLをクリックすると必要な環境をダウンロードするように指示されます。パソコンの場合は、ブラウザが立ち上がり、Zoomアプリがダウンロードされます。それをそのURLをクリックすると、ブラウザが立ち上がり、Zoomがダウンロードされます。
ダウンロードされたファイルをクリックすると、インストールされます。
インストールが完了すると、自動でミーティングに参加します。

スマホタブレットの方は、招待URLをクリックすると、Zoomアプリがインストールされていない場合は、まずZoom Cloud Meetings をインストールして下さい。
インストールが完了したらアプリを起動します。
「ミーティングに参加」と書かれたボタンをタップします。
ミーティングIDを入力し、必要なら名前も変更して、「参加」ボタンをタップします。


【事前テスト】

テストズーム会議に参加してズームに慣れ、ズーム会議に参加する前にマイク/スピーカーをテストできます。 Zoomミーティング中にビデオまたはオーディオをテストすることもできます。
  1. http://zoom.us/testにアクセスしてください。
  2. Zoomテストページで青色の[参加]ボタンをクリックしてZoomを起動し、テストミーティングに参加して接続テストが可能です。